読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東尋坊へ行った話

石川県に長期出張と言うことで2017/3/31まで一人暮らしのギルスパ氏

3月に入り、北陸でもかなり晴れる日が多くなってきており、ロードバイクでサイクリングできる日が多くなってました、上旬には白川郷を達成。

次、どこ行こうか?

そう考えても、まだまだ北陸を知らないので職場で仲の良いNightMareさんに相談。

「福井の東尋坊が良いよ。兄貴も自転車で行ってた」
ギルスパ「トージンボー?」

それは福井県の断崖絶壁スポットであるとのこと。
仕事が終わって早速ググってみると、片道75キロでした。
→すぐだな。

…で、その週の土日に晴れたら行ってみようと言うことになりました。

2017/3/19
AM7:30
出発。
当日はかなり晴れてお出掛け日和(花粉モリモリ)
ざっくりお昼前に到着できれば良いところ。

海沿いを走りたいけど、この季節は荒波に浜の砂が持ち上げられてロードでは走行不可能なので国道で面白くない道をひたすら走ります。

アパート→
小松
福井県のどっか→
道に迷う→
北潟湖→
道に迷う→
トージンボーとうちゃこ!

f:id:xvth477:20170426192541j:plain

※編集テキトーですいません。
とりあえず自転車が邪魔にならないとこに停めて早速探索。
この時点で結構多くの人が来てワイワイ散策してました。
f:id:xvth477:20170426193120j:plain

で柵やら安全対策が何もない崖に近づくと、思った以上に足元が滑る。
ビンディングシューズなら間違いなく滑って死ねるところ。気になる崖の写真がこちら↓
f:id:xvth477:20170426193351j:plain
f:id:xvth477:20170426193944j:plain
「コリャ落とされたら死にますわw」
昔話でここで落とされた人の怨念やらで何十日も嵐が続いたとか何とか…

ここが観光スポットの理由は昔話以外にも地理的条件が非常に珍しいことが理由であるらしいです。以下wikipedia より抜粋

海食によって海岸の岩肌が削られ、高さ約25メートルの岩壁が続く。この岩は輝石安山岩の柱状節理で、これほどの規模を持つものは世界に三箇所だけであり、地質上極めて貴重とされ、国の天然記念物及び名勝に指定[2]されている。

なるほど。でもその地形は人間にとってはキラーマシンでしかない。
現に自殺スポットでもあるらしい…

お土産屋さんが並ぶ通りをブラブラしてると美味しそうな海鮮丼があるので、スパッと入りました。
お昼前であまり人が入ってなかったですが、東尋坊や土産の物販は大盛況でまだまだバスが乗り付けてくるのを見越すと、今のうちにお昼ご飯にした方がよいという判断。
f:id:xvth477:20170426194015j:plain
とても美味しく頂きました。

ところで、東尋坊タワーという展望タワーがあるので登ることに。

舞鶴など若狭湾が見えるらしいですが、この日は何やら霞んでました。
ンー、残念

その後は何か値打ちのあるお土産などあるか探していましたが…海産物やテキトーにプリントされたTシャツやらマグカップといったどこでもありそうなものしかなかったので、帰ることに。

道中、花粉やpm2.5とやら、とにかく浮遊物が非常に多い一日で胸が苦しかった。

今回のお出掛けをまとめると、道自体はアップダウンは少く、風はあるが強くなく走りやすかった。
この日の東尋坊は見張らしが悪かったので少し残念。
長らく山ばかり走っていたので、久しぶりに海へ走ることができたので切り替えにはちょうど良かった

※石川県へ長期出張中のお出掛けなどの記事は以上となります。
3月中旬以降は引っ越しの準備やらでバタバタすることに。