ロードバイク紹介 Lapierre Xelius EFI Ultimate

ロードバイク紹介第2弾は2017年7月の事故で残念ながら廃車になったゼリウスです。

新入社員歓迎サイクリングで「なんで君そんな登り速いの?」とか「なんでカーボンフレームに乗らないん?」とさんざん言われてました。

「まぁ時期的にも新しい自転車を買うのもありかな?」とも考えたので、入社1年の貯金を投資して奮発して購入。

f:id:xvth477:20171028083636j:plainf:id:xvth477:20171028090521j:plain

f:id:xvth477:20171028090527j:plainf:id:xvth477:20171028090538j:plain

実は学生のころからラピエールは意外とマイナーでデザインも自分好みで気になってたのでオーナーとなれたことにはかなーり満足。

フルカーボンフレームでパーツは6800アルテグラ。11×2段変速。

ハンドルサドル周りは合成欲しいのでアルミで。

色は黄色と青色の反対色で非常にキレイ。

ギア比は数々の伝説を積み上げたDEFYと同じ構成。

  • 2か月後

f:id:xvth477:20171028084309j:plain

速攻ヤバい買い物をしたのにこの辺りからはただの沼です。

カーボンチューブラーホイール購入。Vittoria QURANO46

これはまた別の記事で。

  • 1年後

沼は深い…シマノ鈴鹿ロード2015のブースでフルカーボンサドル購入。

f:id:xvth477:20171028085408j:plain

ワケアリだったので¥15000で購入。それに伴ってシートポストも超軽量。

合わせて200gだからねw

ヒルクライムでは絶大なアドバンテージ。一般ライダーをバッサバッサと抜かしていくまさに処刑モード。

  • これでずっと乗りたかったのになぁ

f:id:xvth477:20171028071405p:plain



2.5年乗って他記事にもあるように不幸な交通事故で廃車。

これもバラしてフレームだけにして保管。

 

おわり

ロードバイク紹介 GIANT DEFY2 2010

  • すごーく今更な話

たくさん記事を書いておきながら「どんな自転車に乗っている?」という初歩的なことを何も書いてない。

とういことでこれまで共に旅をしてきたロードバイクを紹介。

暑い日も寒い日も、クソみたいなコンディションでも、一緒に数々の伝説(自己満足)を積み上げてきた歴代の名車が大集合しますよ!?

それでは第一弾はすべての元凶。GIANT DEFY2 2010です。

 

大学入学前から「高校卒業したら新しいことするぜ!」と思っていたので、陸上競技に近い走るスポーツということで自転車に乗ってみたくなった。

学校の帰り近所の自転車屋(ママチャリや原付専のとこ)の前を通るとなんかロードバイクが飾ってある。

「この店はロードバイクが買えますか?」これで交渉が始まった。

そして購入したのがGIANT DEFY2 2010

f:id:xvth477:20171028063504j:plain

スペックはアルミフレームに9段×3段変速。パーツの構成はShimano SORA

ホイールが意味不明のロゴ入り質量兵器。※本気で重いですw

f:id:xvth477:20171028063850j:plain

購入してから3か月でロングライド知識ゼロ。専門外の体力を酷使して琵琶湖一周。

死にかけたが、この辺から本格的にスポーツサイクルに目覚めた。

  • 1年後

f:id:xvth477:20171028065325j:plain

速さに質量兵器は不要なのでバイト代貯金してアップグレード!ホイールを購入。

そしてこの年、参戦したシマノ鈴鹿ロード2011の2時間エンデューロで9位入賞する伝説が生まれた。

  • またまた1年後

 

f:id:xvth477:20171028070330j:plainf:id:xvth477:20171028070350j:plain

見た目はあまり変わらないものの、コンポーネントを105にアップグレード。

レースにおける用途の限界を感じたので大改装。

ここで変則は2×10段変速に。

この年もまたまたシマノ鈴鹿ロードに参戦。またまた6位入賞し伝説を積み上げました。

  • その後は

なるたけたくさん走ったし、なるたけ遠くへ走った。社会人になりLapierre Xeriusを購入してしばらく乗らなくなるが、2017年の石川県への長期出張でロードオブホクリクライドを最後にバラシ。

f:id:xvth477:20171028071315j:plainf:id:xvth477:20171028071621j:plain

f:id:xvth477:20171028071547j:plain

実に7年間の運用でした。

おわり

2017呉海自カレーフェスタwith護衛艦かが

  • まぁどーせ雨やし

いきなり友人から「呉に行かん?」と誘われた。

なんでも自衛隊の最新鋭護衛艦「かが」が一般公開するらしい。

すごくタイミングが良く、会社のサイクリング部のBBQは雨にて延期。

ということで呉に行くことになった。

  • 呉までの道のり

水曜日に行くこと決定。んでもって大阪→広島は夜行バス。帰りは新幹線に決定。

金曜日、仕事が終わり一度帰宅。機械の作業中にエアー回路のドレン抜きしたら水がブシャーっと噴射してかぶることにw帰って準備・シャワーしました。

カメラとかをバックパックに詰め込んで出発。

22:30に@peyangu485と合流。

最近では仮想通貨に投資しているようで。自分の知らない世界を知っている友人と話すは勉強になる。刺激的だ。

バスに乗り込みいざ広島へ!

※無論夜行バスは慣れてないのでしっかり寝れてません。

  • ヘリコプター積載艦DDH184護衛艦「かが」

今回は2年ぶりの呉訪問となる。

ただ今年は7月末にも舞鶴でひゅうがの一般公開に参加したこともあり、DDH型いわゆるヘリコプター積載の船に2回も乗ることになる。

f:id:xvth477:20171015183402j:plainf:id:xvth477:20171015183414j:plain

広島駅のコンビニでイートイン朝食。呉までは電車で45分+バス。

到着すると、開場まで1時間30分あるのに既に400人近い人が並んでいた。

予定を早めて中に入ることができた。実はまともに呉の一般公開に参加すること自体初めてなので非常にわくわくした。

f:id:xvth477:20171015183448j:plainf:id:xvth477:20171015183457j:plain

舞鶴との大きな違いは、複数船橋があること。

舞鶴は陸に対して並行するように船が横向きに停泊する。

呉は陸に向かって停泊するようになっている。

まず船の数が全然違う。あまり空のほうには詳しくないけど、

近くには岩国もあるので戦時中は軍都と呼ばれただけのことはあると感じた。

今でも日本の守りの拠点であることは間違いないかと。

f:id:xvth477:20171015183430j:plainf:id:xvth477:20171015183504j:plain

f:id:xvth477:20171015183515j:plainf:id:xvth477:20171015183522j:plain

f:id:xvth477:20171015183533j:plain



「デカすぎ…」

先から後ろが見えないくらいデカイ。こりゃ海外も騒ぐわけですわ。

かがに乗艦。立派な旗が迎えてくれました。

f:id:xvth477:20171015183555j:plainf:id:xvth477:20171015183546j:plain


船内は隔壁が一枚だけされてその裏側ではPVの上映。恐らく夜活動用に配置された赤い照明が使われていました。

f:id:xvth477:20171015184119j:plainf:id:xvth477:20171015184126j:plain

f:id:xvth477:20171015184143j:plainf:id:xvth477:20171015190836j:plain

その他船体についての説明。

もう「艦これ」じゃんか。公式で手を組んでも良いのでは?

f:id:xvth477:20171015184248j:plainf:id:xvth477:20171015184256j:plain

エレベータでカタパルトへ。ひゅうがの時との大きな違いは作動させる油圧モーターが船体の中にシールドされていること。

あとはストローク長が感覚的には短めであること。

新しい船なので動きがスムースに感じた。さすがは最新鋭艦。

f:id:xvth477:20171015184407j:plainf:id:xvth477:20171015184431j:plain

f:id:xvth477:20171015184445j:plainf:id:xvth477:20171015185248j:plain

艦上に登ると多くの人がいた。立派な旗がまたまたかけてあった。

こうやって船の上から港を一望できる。ご覧の通りの盛況ぶり。

バシバシ写真を撮って、呉カレーフェスタの会場へ。

「かしまカレー完売!」※11:30です

艦これの影響か?ゲームで人気の艦娘ほど並んでる人が多い気がするw

カレーは3種類食べまして、一つ¥300で食べ比べにはちょうど良い。

とてもカレーを楽しめた。前回来たときも並々ならぬカレーの味に驚かされた。

やはり牛筋カレーは最強。ごちそうさまでした。

感想としては何より本物の味なのでやはりレトルトでは満足できないと感じたし、もっと自分でもカレーを美味しく作れるようになりたいとも思った。

その後はシャトルバスで呉駅へ(睡眠不足なのでバス内爆睡)

 

  • YAMATOミュージアム企画展「海底の戦艦大和

続いて同行のぺやんぐ氏が限界近くゆめタウンのベンチで仮眠。

自分もしんどかった。でも起きれてるのは長距離運転やサイクリングの慣れだろうか?

その後は大和ミュージアムへ企画展を見に行った。メインのほうは一度見ているのでさらさらっと見学。

内容は何回か行われている海底の大和の調査の結果。損傷や現物を測量することで破棄された図面から読み取れただろう不明なスペックや沈没した時の詳細な状況を調べたそのレポート。

f:id:xvth477:20171015185643j:plainf:id:xvth477:20171015185658j:plain

良くも悪くも日本人は戦艦大和が好きだし、現実の戦艦大和に起こったことを含めて船の最後を忘れてはいけないと思う。

f:id:xvth477:20171015185523p:plain

その後は広島駅に戻って晩御飯。広島といえば…カキやお好み焼き!

まだ新幹線まで時間あったのでゲーセンへ。そして収穫はうまい棒()

※クリアファイルが入ってました。

お土産の中に異物が…

新幹線はクレジットカード会員の限定切符でこだま縛りの2人以上という条件で広島→新大阪が¥6700とお得なものがあったので購入。

ただし、ものすごくゆっくりでした。

新大阪に22:40、家に着いたのが0:00でメチャクチャ眠い。

安いけど、忙しい一日だった。

 

  • まとめ

今回2年ぶりだが初めての呉鎮守府訪問となる。

最新鋭の護衛艦「かが」を見学。ひゅうがとも比べることができて非常に楽しかった。

カレーについては奥が深い…

大和ミュージアムにて企画展。戦艦大和の潜水調査で分かったことから技術的な面でも現在では製造艱難な神秘的な船であることは間違いない。

 

そろそろ自転車オフのシーズン。

プラキットで現代の日本の海を守る護衛艦を作っても良いのでは?

f:id:xvth477:20171015190204j:plain

終わり

 

 

 

 

本州最南端 潮岬ライド

  • 「最北端の次は…」

去年2016年11月に近畿最北端の丹後半島経ヶ岬」をキメたのを

「あれから一年か」と仕事中ボーっと考えてたので

そうだ「南」の方にいこう。と思い立ちました(出発2日前)

2017年10月の3連休を利用しようと思いましたが土曜日は組合の仕事で名古屋まで行かなければいけない。ただ、天気は雨。次の日は晴れなのでちょうど良かった。

目標は本州最南端である和歌山県串本市の潮岬。今回もテント・マット・シュラフ装備でどっかで一泊する。

そこからは伊勢志摩方面へ行けるとこまで走る。

  • [一日目]

和歌山まで輪行し、駅を10:00頃到着。

f:id:xvth477:20171015155634j:plain

自転車を持って和歌山に突入するのは恐らく学生の時のサイクリング部練習会以来なので5.6年ぶりといったところ。

まずは荷物を軽くするためにボトルは空っぽ。どこかで水を買うが、和歌山市内はDQNが非常に多いらしいので人工物が減ってくるまで南へ走ることに。

f:id:xvth477:20171015160315j:plainf:id:xvth477:20171015160326j:plain

f:id:xvth477:20171015160335j:plainf:id:xvth477:20171015160618j:plain

気が付いたら30キロほど走行してて南海市というとこに突入していた。

ここで水分と固形物補給。ただ、海岸を走行してるはずなのにやけに細かいアップダウンが多い。

そしてこの地形は最終目的地や伊勢志摩方面までひたすら続くことになる。

「さすがは紀ノ國と呼ばれたことはあるぜ」とか感心しながらも、最近自分の中で問題になっているヒザやアキレス腱の炎症を誘発しないように登りでなるたけ力を出さないように南へグイグイ進む。

f:id:xvth477:20171015160031j:plainf:id:xvth477:20171015160047j:plain

道中紀伊半島がこの先ずーっと見える風景に出会った。

かすんで見えるもっと先に目的地があり、自力のエンジンで進まなくてはいけない。

毎回思うが、この瞬間が旅してる感を湧きたてるので自転車はやめられない。

 

田辺市にやってきた。時刻はすでに12:00で日没までにはお風呂と道の駅、そして繁華街の多い串本市に行きたいところ。白浜は今回はパスとした。

 

ペース的には日没までに串本市突入がギリギリであったところでトラブル発生。

パンクだ。

VittoriaのRubino Pro Controlは非常に良いタイヤでパンク知らずだったがここで謎の切粉を踏んだようだ。さらに自分はここでドアホなことをする羽目に…

「パンク修理パッチが無ぇ」とか言って本当はバックに入ってるのに確認不足で釣具屋さんのおっちゃんにビニールテープ借りたり、喫茶店のおっさんにパンク修理キット借りたりしてました。

ただ、お世話になりながらも頂いたパッチの劣化などにより2回連続リペア失敗。

その後、自分のバックからパナレーサーのイージーパッチ発見w

 

自分のバカヤロー!

なんとかパンク解消でしたけど、もうイージーパッチしか信用しねぇ!

あと予備のチューブはいるぞ

f:id:xvth477:20171015160903j:plainf:id:xvth477:20171015160915j:plain

f:id:xvth477:20171015161022j:plainf:id:xvth477:20171015161038j:plain

グダグダしてたら夕焼けがきれいな時間帯に…!

ここで日中ならサイコーだったのにな。

ここで状況確認。17:30で場所は串本市から40キロ離れたすさみ町。

道の駅はあるがお風呂がない。コンビニもない。

っつーわけでナイトライド突入してでも串本市までは走るしかない。

f:id:xvth477:20171015160825j:plain

10ワットLEDを持ってきて良かった。何故なら外灯が何一つない沿岸だから。

2時間弱ライドして何とか到着。疲れた。

ここから野営するまでの、お風呂、晩飯はスピーディに。

お風呂屋のオッサン→いわゆる日本語が通用しないw

コンビニ→クルマ・オートバイ勢が買い占めw

 

なるほど。どうやら試されているらしいだ。今回はガスコンロを持ってなかったのが少し失敗。大型バックがないので仕方ない。

でも雑食のギルスパを侮っては困る。

ここで今晩のご飯は…ドラッグストアで購入。

夜:おかず用煮豆+豆乳+おでんセット+パン

朝:パン3個+コーヒー

これで750円。ほんとは美味しいもの食べたかったけど、やけに県外・県内のDQN車が多かったので監視の目が行き届かない可能性があったので警戒するため諦める。

f:id:xvth477:20171015161350j:plainf:id:xvth477:20171015161434j:plain

 

道の駅でキャンプ。今日はここまで170キロの走行。

テントで寝てたらカサカサと聞こえる…テントの上に「G」がいるようだ

「ぅおー!!」

一日目はここまで。

 

  • [2日目]

6:00まで爆睡。

日の出とともに帰港した漁船の音で目が覚めた。

ここから6キロ先の本州最南端に行き、朝食。あとは行けるとこまで伊勢志摩方面へ走るだけ。あとは輪行

f:id:xvth477:20171015161621j:plainf:id:xvth477:20171015161632j:plain

本州最南端なら近畿最南端ということにもなるよな。

何だよ、ここもキャンプ場かよ。道の駅じゃなくても良かったけど。

まぁ到着が日没後だったんで設営できなかったと思われる。

f:id:xvth477:20171015161855j:plainf:id:xvth477:20171015161925j:plain

f:id:xvth477:20171015161938j:plainf:id:xvth477:20171015161954j:plain

そしていよいよ今回の旅の目的地、本州最南端へ到着!

海、太平洋。水平線がどこまでも続いてる。

さてあと一日休みがあれば伊勢志摩まで行けたかもだけど、次の日から仕事なので今日の目標としては和歌山と三重の県境の熊野市まで行けたら上出来。

 

ここでコンビニ行くと面白いオッサンが。

「兄ちゃん日本一周か?」

「そんな大したものじゃないっす」

こんな感じで30分もしゃべった。

 

その後那智山で二度目のリアタイヤパンク。もうタイヤが限界か?

輪行のタイミングとしては和歌山方向でも伊勢志摩方向でも料金は同じ。

帰宅にも相当時間がかかるのでリペアして走ったところで状況は同じ。

今回の旅はここまでとする。

以下、串本→那智の写真

f:id:xvth477:20171015162640j:plainf:id:xvth477:20171015162655j:plain

f:id:xvth477:20171015162720j:plainf:id:xvth477:20171015162741j:plain

走行距離は30キロw合計200キロ。

数字だけ見たら一泊するまでもない日帰りだが和歌山スタートなのでライド開始まで時間がかかることもあり、泣いても笑ってもいわゆる輪行旅だった。

f:id:xvth477:20171015162417j:plain

終わり

 

 

 

 

ゼリウスよ、永遠に…

  • 綺麗なフレームだろ?死んでるんだぜ?

今更ですがご報告、

 

Lapierre Xelius EFI Ultimate廃車…!

f:id:xvth477:20171005191929p:plain

しまなみ海道サイクリングの事故で帰ってきて、まずは洗車をして損傷チェックしているとヤバイキズを見つけ、自転車屋さんにもちこんでみてもらった結果、

ヘッド部のカーボンが完

 

全にクラックが入っており、廃車となりました。

 

しかし、自分は外傷一切なしの打撲で済んだ身…何もそこまでダメージをコントロールしなくてもいいのに…

でも結果的に自分の身代わりとなり、守ってくれました。

一緒に旅した期間2年と5か月・走行距離12500km

入社し、1年間貯金して買っただけにとても悲しい。

カーボンなので火葬しようと思いましたが、クラック以外はキレイなので部屋に飾ります。数々の伝説を積み上げたDEFYとおそろいだぜ。

 

暑い日も寒い日も、今まで走ってくれてありがとう!

お知らせ(近況と今後について)

お知らせ

 

7月下旬に不幸にも事故に遭い、死にかけてから早くも2ヶ月が経ちました。

その後のケガの回復は順調で仕事に行けないといったことはなく、普段の生活を送ることができています。

ただし、ロードバイクが廃車になったことを除いては…

仕事や組合でバタバタしてて、ブログを書く時間が無かったことも事実でしたが、何よりも心がしんどかったです。

ブログを続けていくにあたって、とりあえず、

1:ゼリウスよ永遠に

2:シマノ鈴鹿ロード2018

3:2代目ゼリウス‼

フッジッサーン‼再び

を書いていこうかと思います

舞鶴サマーフェスタ2017

どうやらこのブログを日記がてら書いている中でもダントツで読まれているのが去年の舞鶴サマーフェスタらしい。

そのサマーフェスタが今年もやって来ました。

去年は潜水艦に乗ることができて、個人的にも満足しました

そして今年は、ヘリコプターを積載できる「ひゅうが」

のエレベーターに乗れるとのことです。

是非ともいかねば。と言うわけで今年も舞鶴へ。

  • 前日のこと

舞鶴サマーフェスタにはツイッターの知り合い…というかネットゲーム等でもよく会うペヤング氏が同行するとのことで、今回は実家のクルマを手配。

さらに舞鶴に近い自分の家に招待し、お泊まりすることに。

梅田で合流、深夜までゲーセンに…

その後VR体験

 

もはや、ただゲームするだけ

前日はなんだかんだ1:00に就寝(遅い、眠い)

明日は6:00起きだぜ

  • 当日

予定通り6:00に起きて7:00前には出発、高速道路であっという間に舞鶴へ到着。

天気は殺人的強度の日光が降り注ぐ快晴でした。

国道27号線で赤レンガパーク向かう途中、海上自衛隊前を通過すると既に電車組が長蛇の列で、赤レンガパーク側もなかなかの列。おまけに手荷物検査と金属探知機でチェックするので入場にとても時間がかかりました。

f:id:xvth477:20170806115920j:plainf:id:xvth477:20170806120655j:plain

 

 すでに多くのクルマが赤レンガパーク駐車場に止まっており、もう少し遅かったら駐車できなかった。結構ひとが来てます。

少なくとも去年より観光客が多いし、カレー祭りといった食べるとこも多い。

早速見えてきたのは護衛艦ひゅうが。メチャクチャデカイ。

舞鶴でおなじみの補給艦ましゅうといい勝負です。

※ひゅうが:全長197mましゅう全長221mらしいです

 

「おお、ましゅう、元気かね?」

いつもの北吸桟橋東側にましゅうは今日も待っていました。

この日も艦上見学は…できませんでした。

続いてひゅうが。岸壁から見るヘリコプター搭載護衛艦、圧倒される大きさ。

まだまだ入場に検査で時間を要しているせいなのか、見学の入場待ち列が少なかったので早めに見学することに。

f:id:xvth477:20170806121934j:plainf:id:xvth477:20170806122417j:plain

まずは普段ヘリコプターが収納されているであろう中央スペースを見学。

※その両サイドにエレベーターがある?

f:id:xvth477:20170806122725j:plainf:id:xvth477:20170806122735j:plain

f:id:xvth477:20170806122744j:plainf:id:xvth477:20170806122803j:plain

広い!でも壁にはサンドバック?

ホイストクレーンのそばにあるので、おそらくギリギリまで幅寄せしても問題無いように緩衝材として置いてるんでしょう。

この日は未使用のエレベーターがストロークする空間だけでも、軽く集合住宅一棟分ぐらいあるんじゃないか?

ひゅうがスゲェ。

個人的には興味のある細かい備品を物色してからエレベーターに乗って艦上へ。

テンションは、上がります(当たり前)

f:id:xvth477:20170806123607j:plainf:id:xvth477:20170806123655j:plain

ガンダムの発進みたいやな!」同行したペヤング氏が一番楽しんでいましたw

あっさり見学者を約300人ほど?一度に乗せてアラート音とともにエレベーター上昇。

f:id:xvth477:20170806124051j:plainf:id:xvth477:20170806124137j:plainf:id:xvth477:20170806135357j:plainf:id:xvth477:20170806135311j:plain

上から見ると、とても良い眺め。ひゅうがは高さもあるので、舞鶴の街並みや遠くの船も見ることができました。

海に出てしまったら大きい船と小さい船も水平線の似たような風景なんだろうけど、停泊中は見える風景が全然違う。てゆーかこれほどの船体を動かす自衛隊の乗組員もスゴイ。

っちゅうわけでひゅうが見学終了。

続いて護衛艦ふゆづき

f:id:xvth477:20170806141624j:plain

実際こちらのほうが人がたくさん居てました。

というのも、船に乗るためのハシゴが強度不足で5人づつしか移動できないため。

f:id:xvth477:20170806141947j:plainf:id:xvth477:20170806142005j:plain

f:id:xvth477:20170806142048j:plainf:id:xvth477:20170806142201j:plain

護衛艦もコンパクトなつくりを実際に見て感じることができた。

写真4枚目はよくわからない構造物だったので質問してみると近接用通信の無線アンテナとのこと。

護衛艦は無線アンテナが多すぎる!

ならガンダムのような機体は?と考えるとゴチャゴチャになる気がします。

f:id:xvth477:20170806143645j:plainf:id:xvth477:20170806143654j:plain

その他、解説やおまけ。別の護衛艦せんだいはディーゼルエンジンとタービンのハイブリットらしいです。やっぱり技術解説は面白い。

それから…なにやってんすか?

f:id:xvth477:20170806144946j:plainf:id:xvth477:20170806145004j:plain

f:id:xvth477:20170806145525j:plain

 

護衛艦ふゆづきを降りて、そろそろ暑さと日差しが冗談じゃなくなってきたので、陸自の車両を見てから休憩。その後はロケーションを第23航空隊へ移動。

サマーフェスタでは海上自衛隊、第23航空隊、東郷邸を結ぶ無料のシャトルバスが出てるので非常に便利。

このヘリコプター基地はほぼ無理やり舞鶴鎮守府にあわせて建造されたらしいです。

f:id:xvth477:20170806151541j:plainf:id:xvth477:20170806151620j:plain

到着。やっぱり格納庫は広い。そして、微妙な高さの管制塔。

去年は来るのが遅く、見学できなかった。今回は見学予約して登ることができました。

とはいえ順番待ち時間が1時間ほどあったので、ガンシップの飛行演習を見てました。

見てたら疲れてるせいか仮眠してましたw

f:id:xvth477:20170806162034j:plain

そしていよいよ管制塔へ。

屋上へはエレベーター無し、階段で36メートル登ります(←すぐだな)

f:id:xvth477:20170806154616j:plainf:id:xvth477:20170806154626j:plain

簡単な説明を管制官がしてくれました。

無線機は3基あり、予備の予備まで用意しているとのこと。

言語は英語、時刻はすべてグリニッジ標準時間。やっぱり無線の免許と英語はできると仕事たくさんある。

それをこなすのも大変そうだ。

管制塔の高さについて聞いたところ、基準はなく滑走路がだいたい全部見えたらオーケーであるらしい。

 

ちなみにその昨日は北朝鮮によるミサイル発射があったため、ヘリ基地とはいえ、いつでも機能できる体制をとっていたそうです。

f:id:xvth477:20170806160801j:plain

これは…!

わからん。見当もつかない機材だらけだ。どうやら夜間の滑走路点灯の操作盤らしい。

他はテレビがあったりコーヒーがおいてあったり、そりゃあまり飛行機やヘリが来ないならそうなりますわ。

 

一通り説明が終了したところでこの日はいったん海上自衛隊北吸桟橋に戻って帰ることに。

ということで舞鶴サマーフェスタ2017終了です。

帰りは同行していたペヤング氏を大阪の下らへんまでお送ってあげました。

※大阪の運転は難易度ベリーハードでした。

  • 感想

実は今年も赤レンガパークで全方位プロジェクションマッピングが行われるらしかったので行きたかったですが、帰りの都合で諦めました。

いつでも来れるので、あまり後悔はしてないですが…

 

で、仕事を通して、設備や機械を見ることが多く、より細かいとこにフォーカスしながら自衛隊という組織について触れることができたと感じました。

また、この一年での情勢としては、ますます北朝鮮によるミサイル発射実験が問題になっており、日本に住む人すべてが危機感を持つべきであるといわれています。

その中で自衛隊を理解することはとても重要であると思います。

昨年もこの催しに参加しましたが、より一層、国を守るための組織について理解を深めることができたと思います。

f:id:xvth477:20170806163851j:plain

次は秋ごろに走りに来たい。おわり